LiVEARTH project

LiVEARTH is a commercial project to develop and distribute the Web3D “Earth” interface to visualize content on the Internet. The principal of t.e.o.t.u. has been collaborating with them as information architecture advisor.

We collaborate with the LiVEARTH team providing:

  1. Architecture and editorial advices.
  2. UI design hints (contributed some of the CSS elements).
  3. Editorial design hints.

Period: from 2014 to current
Collaborator: LiVEARTH
Language: Japanese, English
Website: http://livearth.space

work_samples_LE_01work_samples_LE_04 work_samples_LE_03 work_samples_LE_02

Share this stuff:
Author

teotu

Administrator of this site
Twitter
10 German and Russian Words That 2020 Taught Us We Need in English by @edergenzinger https://t.co/EcTRHKlY0C3日
RT @MOMAT60th: ローカルであり、モダンである。 「民藝」という言葉が生まれてからおよそ100年。時代とともに変化し続けた民藝の試みをとらえなおす展覧会「柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年」の先行チラシができあがりました!イメージはイギリスのスリップウェアと山…5日
RT @shiba6969: 今日のアート思考講座の生徒さんが量子物理学の学生さんだった。5Gがさらに高速化するとどうなるか?オンラインとオフラインの境界がなくなる。リアルとバーチャルの境目がなくなる。心と体の関係も変わってくる。未来妄想楽しすぎる。アートとサイエンスとテクノロ…5日
RT @katestarbird: Working on some visuals to help explain the dynamics of “participatory disinformation” and how that motivated the January…6日